文字サイズ

  • 通常
  • 大

社団法人日本自動車機械器具工業会

29年度議事録

平成29年度通常総会議事録、同29年度理事会議事録

一般社団法人日本自動車機械器具工業会
平成29年度通常総会議事録

1. 開催日時 平成29年5月29日(月曜日)15:00~16:00
2. 開催場所 アイビーホール青学会館 3階 ナルド
東京都渋谷区渋谷4-4-25
3. 出席者  37名(当会正会員名44中、委任状提出者12名を含む)

(来賓)             経済産業省製造産業局自動車課
課長補佐      高 橋 一 幸 殿
国土交通省自動車局整備課
課  長      野 津 真 生 殿
課長補佐      久 手 俊 彦 殿

15時00分、中沢事務局長が平成29年度の通常総会が開催される旨を告げ、
続いて山口理事長より開会の挨拶が行なわれた。その後、「定款第16条の規定により山口理事長に議長をお願いする」旨を告げ山口理事長が議長席に着いた。
次いで、議長の要請により、事務局より「本日の出席者は正会員44社中25名、
他に委任状提出者12名の合計37名であり、定款第18条の定めにより平成29
年度の通常総会は成立いたします」との報告を行った。

議長は「只今、事務局より報告があった通り、定款第18条の定めにより本総
会が成立する」旨を宣した。次いで、定款第21条の定めに従い、黒川明彦(萬歳工業株式会社 専務取締役)と怱那 聡氏(株式会社堀場製作所 東京セールスオフィス所長)の2名を議事録署名人として指名し、両氏ともこれを承諾し、議事に入った。

4. 議事

第1号議案  平成28年度事業報告(案)及び収支決算(案)の承認について

議長の要請により井津端専務理事が、平成28年度事業報告(案)及び平成28
年度収支決算(案)の議案資料に基づき説明をした後、監事の青木浩孝氏(江東産業株式会社 代表取締役)が「平成29年4月19日、一般社団法人本自動車機械器具工業会の事務局において監事、加藤利克氏(ヒーロー電機株式会社 代表取締役)とともに平成28年度の決算関係書類及び事業執行状況を監査した結果、適法かつ公正妥当に執行されていることを認めます」との監査報告を行い、議長がこれを議場に諮ったところ、出席者一同、異議なく承認した。

第2号議案  平成29年度事業計画(案)及び収支予算(案)の承認について

議長の要請により井津端専務理事が、平成29年度事業計画(案)及び平成29
年度収支予算(案)の議案資料に基づき説明を行い、議長がこれを議場に諮っ
たところ、出席者一度、異議なく承認した。

第3号議案  一部理事の辞任に伴う選任(案)の承認について

議長より、本日付をもって倉崎一由氏、石垣俊雄氏が一身上の理由により役
員(理事)を辞任する旨の報告が行われ、これらの後任者として、去る4月26
日に開催された平成29年度第一回理事会及び本日本総会に先立ち開催された第二回理事会において了承されていた下記理事候補者(案)の提案を行い、これを諮ったところ出席者一同、異議無く選任した。被選任者は、即座にこれを承諾し、着席のまま就任挨拶を行った。

理 事 丸 山 将 一 ( 就 任 )
同 山 田 勝 己 ( 就 任 )
同 番 所 祥 平  ( 就 任 )
第4号議案  その他

議長が、各号議案のほかの事項について、議場に提案の有無を諮ったところ、
特にないため、議長は、以上をもって議事を終了した旨を宣言して議長席を離
れ、事務局から16時00分、閉会が告げられた。
以上、一般社団法人日本自動車機械器具工業会平成29年度通常総会の議事を証するため議長及び議事録署名人がここに記名押印する。

平成29年5月29日       一般社団法人日本自動車機械器具工業会

議  長   山 口 伸一郎

議事録署名人 黒 川 明 彦

同    怱 那   聡

平成29年度第1回理事会議事録

1.日 時 平成29年4月26日・水曜日 15:30~17:00
2.場 所 (一財)機械振興会館 6S-2
3.出席者 山口理事長、上田副理事長、辻副理事長、井津端専務理事、山田(誉)理事、會田理事、倉﨑理事、宇城理事、石垣理事、三木理事、滝本理事、黒川理事、怱那理事、山田(昌)理事、加藤監事、オブザーバー出席:アイシン精機・荒木氏、中澤事務局長
[順不同]
4.議事の概要

まず、事務局より、本日の出席状況について理事19名中出席14名の出席により理事過半数出席として会議が成立した旨の報告がされ、次いで理事長より開会の挨拶が行われた後に審議に入った。

第1号議案 平成28年度事業報告(案)並びに収支報告(案)の承認に
ついて

井津端専務より、まず配布資料の「平成28年度事業報告(案)」に基づき事業活動の概況と実施事業活動の報告がなされた。
次いで平成28年度の収支報告(案)については、収支ともに予算額より増
額となったが、最終的には収入が支出を上回ったためその差額分を投資活動支出に積み増しし、繰越金額を前年度と同額とすること等が報告された。
詳細としては、収入のうち会費収入については正会員1社が退会し賛助会員1社が正会員に異動の結果、微減額となった。負担金収入は増加したが、これは主に海外派遣団参加者が当初予想を上回ったことが主因。支出は管理費が当初予算を下回ったが、事業費については当初予算より増額となったがこれは負担金収入の増額に対応する負担金支出が増えたことによる。結果として、事業活動収支差額は当初予想額を上回る収入超過となった。
また、投資活動では退職給付資産取得支出額を当初予算通り支出し、オートサービスショーの出展費用としての展示会等積立金取得支出を当初予算より増額して行ったことが報告された。

最後に、平成29年4月19日に工業会事務局にて加藤監事と青木監事に
より監査が実施され、事業運営及び財務処理は、定款等関係規定に基づき適
法かつ公正妥当に執行されている旨が監査意見書として報告された。
以上を、議長が議場に諮ったところ、出席者一同異議無くこれを承認した。

第2号議案 平成29年度事業計画(案)並びに収支予算(案)の承認に
ついて

井津端専務より、平成29年度の事業について配付資料にもとづき説明が
が行われ、今年度の主要事業として6月1日より3日まで東京ビックサイトで開催される第35回オートサービスショーに工業会として小間を設け、未出展会員のカタログ展示を行うとともに、会員のスキャンツールメーカーの協力を得て故障診断機の展示を行うほか洗車作業の安全啓発ポスターの展示を予定であること、また、公開より15年以上が経過している工業会のホームページのリニューアルを行う予定であることなどが報告された。
次いで収支予算(案)についても配付資料に基づき説明が行われ、収入については前年度予算と比べて賛助会員1社分が減額となることが説明された。支出については前年度と大きく異なる点はオートサービスショーへの出展経費だが、この他の事業費、管理費については支出削減に努め、オートサービスショーの出展費用についても展示会等積立資産の取崩しで対応することとし、前年度同様に収支均衡の予算として計上したことが報告された。
以上を、議長が議場に諮ったところ、出席者一同異議無くこれを承認した。

第3号議案 一部役員辞任に伴う選任候補者(案)の承認について

井津端専務理事より、配付資料に基づき、理事候補者(案)2名について
説明が行われ、平成29年度通常総会に役員(理事)候補者(案)として上
程することが了承された。
退任される理事は石垣俊雄氏(三栄工業)、倉崎一由氏(エムケー精工)。
新規に理事候補となられるのは山田勝己氏(三栄工業)、丸山将一氏(エムケー精工)。
以上を、議長が議場に諮ったところ、出席者一同異議無くこれを承認した。

第4号議案 ① 平成29年度通常総会の議事次第について了承された。

② 平成29年度永年勤続優良従業員表彰被表彰者について
配布資料に基づき、平成29年4月26日現在推薦され
ている者が報告され、未だ推薦者のない会員に対して今後
改ためて推薦の検討を依頼し了承された。

その他、提案事項について議長が諮ったところ、他に意見もなく、以上を
もって議事を終了した。以上、理事会の議事を証するため議長及び議事録署
名人がここに記名押印する。

平成29年4月26日  一般社団法人 日本自動車機械器具工業会

議   長  山 口 伸一郎
議事録署名人  上 田 俊 次
同     辻     修
同     加 藤 俊 克

平成29年度第2回理事会議事録

1.日 時 平成29年5月29日・月曜日 14:30~14:50
2.場 所 アイビーホール青学会館三階 ナルド
3.出席者 山口理事長、上田副理事長、辻副理事長、井津端専務理事、
山田(誉)理事、木村理事、會田理事、倉﨑理事、宇城理事、
北川理事、石垣理事、三木理事、滝本理事、佐藤理事、黒
川理事、怱那理事、山田(昌)理事、青木監事、【オブザーバ
ー出席:エムケー丸山氏、洲本整備機製作所番所氏】、中澤
事務局長[順不同]

まず、事務局より、本日の出席状況について理事19名中、17名が出席
しており会議が成立した旨の報告があり、次いで理事長より開会の挨拶が行
われた後に審議に入った。

第1号議案 平成28年度通常総会上程議案(案)の承認について

井津端専務理事より、第一回理事会で提案された理事候補者案に番所祥平氏(洲本整備機製作所)を新たに加えることが報告され、他の議案については前回の第一回理事会にて報告・了承済みであったことから概略の説明にとどめ、承認された。

第2号議案 永年勤続優良従業員表彰の被表彰者の承認について

資料配付の別紙4名が最終的に平成29年度被表彰者として了承された。

その他、提案事項について議長が諮ったところ、他に意見もなく、以上を
もって議事を終了した。以上、理事会の議事を証するため議長及び議事録署
名人がここに記名押印する。

平成29年5月29日     一般社団法人 日本自動車機械器具工業会

議   長 山 口 伸一郎
議事録署名人  上 田 俊 次
同 辻     修
同     青 木 浩 孝

理事懇談会

1.日 時  平成29年8月4日・金曜日 15:00~17:00
2.場 所  (一財)機械振興会館会館 6階62号室
3.出席者  山口理事長、上田福理事長、辻副理事長、井津端専務理事、
山田(誉)理事、山田(勝)理事、黒川理事、忽那理事、青木
監事、【オブザーバー出席:アイシン精機・荒木
氏】中澤事務局長[順不同]

4.懇談会の概要

まず、井津端専務理事から配付資料に基づき各委員会毎の平成29年度の事業実施計画について説明が行われた。総務委員会については、すでに6月1日から3日まで東京ビックサイトで開催された第35回オートサービスショーに工業会事務局を含め27社が出展し、事務局小間では当会会員が製造するスキャンツールの展示と併せ、洗車作業の安全啓発ポスターの展示やトルクレンチの定期的な点検・校正の必要性に係る啓発ポスターの展示・資料配布、未出展会員のカタログ配布等を通して工業会の認知度を高める広報活動を行ったことが報告された。また、来春の会員懇談会については当会会員企業による講演会が予定されているが、今秋の会員懇談会については当初予定していた見学先の都合で実施が困難となったことが説明されたが、出席していた理事より同社で実施している従業員のメンタルヘルス対策についての研修を行っている企業の紹介をいただけることとなった。なお、ホームページのリニューアルについては平成30年3月時点での切替えを予定していることも報告された。
次いで、技術委員会については技術研究発表会の見学先として東京都交通局(バス)東雲整備工場を10月上旬頃に目途に視察する方向で調整が行われていることが報告されたほか、部会活動としては門型洗車機分科会や故障診断分科会など機種別分科会での活動を中心に展開する予定で、特に故障診断関係では平成29年3月22日に開催された第13回自動車整備技術の高度化検討会の場において当工業会等自動車関係団体が取りまとめた「新たな標準仕様WG」としての報告が行われたところであり、引き続き同検討会の下に設けられるいくつかの推進体制(「新たな標準仕様WG(議長:日本自動車機械器具工業会)」、「高度診断教育WG」、「情報提供制度見直しWG(仮称)」)の調査・検討項目に従って事業を展開していくことや、カーメーカー及び重量車メーカーが行う「外部故障診断装置開発情報の提供」に関連し、ツールメーカーがそうした情報を入手する際の窓口機能をこれまで同様に委託契約に基づき果たしていくことなどが報告された。
さらに、国際委員会については、平成29年8月上旬に公表された平成28年度の自動車機械工具輸出実績報告について説明が行われたほか、アフターマーケットに係る海外市場動向等を把握するため、平成29年11月18日から23日迄の日程でミャンマー(MYANUTO 2018)及びタイ(METALEX 2018)に視察団を派遣することが報告された。

最後に、工業会の委員会組織の見直しについて発言があり、今後検討を行うこととした。

その他について理事長が諮ったところ、他に意見もなく、以上をもって懇談会を終了した。

PAGETOP